ニュース/レポート

レポート・更新2018年12月1日

「2018ファイナルセレモニー」のレポート(会長・主将・監督コメント)

本日12月1日の2018明治安田生命J1リーグ最終節vs.ベガルタ仙台の試合後に行いました「2018ファイナルセレモニー」のレポートを掲載します。

ご挨拶

楽天ヴィッセル神戸株式会社 代表取締役会長 三木谷浩史

まずは遠路はるばる仙台からいらっしゃいましたベガルタ・サポーターの皆様、どうもご苦労様でございました。今年1年間、サポーターの皆様、そしてスポンサーの皆様、本当にありがとうございました。今年は新しいヴィッセル神戸のサッカースタイルを追求しようということで、様々なトライアルをやってきましたけれども、なかなか上位に進出することができなくて大変申し訳なく思っております。ただ、我々はこれからも努力を続けまして、必ず皆さんに喜んでいただけるようなサッカークラブにしようと思っていますので、今後ともぜひ大きな支援と応援をよろしくお願いします。今年1年間、本当にどうもありがとうございました。

 

ヴィッセル神戸 主将 ルーカス ポドルスキ

コンニチハ!今シーズンも本来だったらまだこの先にカップ戦があって、(AFC)チャンピオンズリーグに向かって進む時期でもあったんですけど……。本当にサポーターの皆さんには感謝できないくらい本当にたくさんのサポートをしていただいて、アウェイでの試合もたくさんサポーターに駆けつけていただいて、1年間一緒に戦ってこられました。(来シーズン以降)最高のシーズンを皆さんと一緒に迎えられるように、引き続きこれからも一緒に戦っていきたいと思います。皆さんも分かっているとおり、このままオフに入ってしまうので、(チームが始動する)1月からしっかりまたみんなで全力を出して、次の目標に向かって、今年達成できなかった目標に向かって、チーム一丸となって、そしてサポーターの皆さんと一緒に、最後に喜べるようにこれから前に向かって進んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。もう一度最後に、サポーターの皆さんにはもちろん感謝を伝えたいし、ここにいる監督を始めスタッフのみんな、スタジアムを運営してくれている方々、選手だけではサッカーはできないので、この環境を作ってくれた皆さんにもう一度感謝したいと思います。ありがとうございます。アリガトウ!

 

ヴィッセル神戸 監督 フアン マヌエル リージョ

アリガトウゴザイマス!もう本来であれば、この一言だけで終わるべき場所だと思っています。私たちのことを信頼してくださったクラブ、そして皆さんに大変感謝しております。本当にスタジアムの一番上からピッチに近いレベルにいらっしゃるすべての皆さん、そしてスタジアムのすべての方の今までのサポートに感謝する以上の思いはございません。アリガトウゴザイマス!特に選手たちにありがとうと言いたいし、今の拍手は選手に渡してあげてください。私は、自分自身も監督ですけども、監督というものを信じていません。選手だけを信じていますので、選手のために大きな拍手をお願いします。

 

三木谷良一賞

「三木谷良一賞」はシーズンを通して最もチームに貢献した選手へ贈られる賞として2013年に創設されました。
2018シーズンの「三木谷良一賞」は、ピッチ内、ピッチ外で常にチームを支えた三原雅俊選手が受賞しました。

■2018シーズン受賞選手:三原雅俊選手

 

フォトギャラリー