ニュース/レポート

クラブ2021年5月7日

SNSでの差別的発言、誹謗中傷に対するガイドラインの策定とご協力のお願い

ヴィッセル神戸は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にて公式アカウントを保持し、運用しております。日頃の投稿に対して多くのコメントをいただき、選手、スタッフともども大変うれしく思っております。

ただその中には、弊クラブ所属選手、スタッフに対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない記述が散見されます。

誰にでも自分の言葉で伝える権利があり、自由があります。そしてプレーに関する批判には、真摯に向き合いたいと思っております。ただ、それとは関係のない謂れのない誹謗中傷や差別的発言は、一切認めない強い決意を持っております。

その一環として、ヴィッセル神戸では、改めてSNSガイドラインを制定、公表し、禁止事項に該当する投稿に関しては、断固たる姿勢で対処いたします。

選手、スタッフを含めサッカー、スポーツに関わる人たちが、差別的発言や誹謗中傷に遭う状況を一刻も早く改善するべく、選手、スタッフ、ファン、サポーターの他、クラブに関わる全ての方たちが、お互いをリスペクトし、信頼し合える関係を醸成できるように取り組んで参る所存ですので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

▼ヴィッセル神戸SNSガイドライン
https://www.vissel-kobe.co.jp/sns/

 

閉じる