ニュース/レポート

レポート・更新2019年12月31日

[天皇杯決勝 前日コメント]フィンク監督、ポドルスキ選手、酒井選手

第99回天皇杯決勝vs.鹿島アントラーズ(1月1日(水・祝)14:35キックオフ/国立競技場)に向けたトルステン フィンク監督、ルーカス ポドルスキ選手、酒井高徳選手の試合前日コメントをお伝えします。

 

試合前日コメント

[トルステン フィンク監督]

今日は相手の鹿島アントラーズは国立のピッチで練習をしないと聞いていますが、我々にとっては今日ここで練習する意味がありました。ピッチのコンディションや硬さなどは選手達も事前に知りたいので、今日はここに来ることにしました。今朝神戸から旅立ち、非常に良い雰囲気で東京まで来れました。このムードを明日まで持って行きたいと思います。決勝戦が楽しみです。

 

ビジャ選手現役最後の試合になるかもしれませんが、彼にはどのような期待をしていますか

確かにそうかもしれませんが、明日の試合は一人の選手よりチームの活躍を期待しています。ビジャ選手は過去にもたくさんの良いパフォーマンスを見せてくれましたが、明日大事なのはチームが勝つことです。選手や監督をクラブより大きくしてはいけないです。明日はこのクラブが初タイトルを取るチャンスがあるので、それだけを考えています。 

 

[ルーカス ポドルスキ選手]

決勝ですがどんな思いで臨みたいですか

今までの数試合と同じように良いプレーをしたいです。同じようにプレーが出来れば良い結果もついてくると思います。皆が決勝の話をしたがりますが、ピッチの中に入って、試合を楽しめば(おのずと)良い結果がついてきます。

 

スタジアムや芝の感触などはいかがですか

今日は(観客などがいなかったので)雰囲気は良くなかったです。明日は(満員なので)良い雰囲気の中で試合ができると思います。 

 

ここで練習をしたことで、明日に向けて気持ちの高ぶりなどありますか

どの試合も同じ気持ちで臨んでいます。もちろん決勝なので、特別なものがありますが、いつもと同じように、戦う気持ちや姿勢を見せ、全てを出し切るだけです。 

 

神戸のサポーターに向けて

神戸にとって初めてのタイトルです。明日東京に来る人や来れない人、全ての神戸サポーターの皆と一緒に決勝を戦って、カップを持ち帰りたいと思います。

 

[酒井高徳選手]

(加入して半年で)いきなり決勝ですが、持っているんじゃないですか

僕は何か持っているタイプではないです。皆の頑張りもあって、決勝に来ることができました。人生2回目の決勝です。今回はタイトルを取れたらと思います。

 

チームの調子はいかがですか

良いと思います。シーズン最後に向けて、良い形になってきました。(試合の)途中のミスからの敗戦を、(ここ最近は)リーグ戦でも修正でき、チームの完成度は高くなってきていると感じます。自分たちが良くない時間をしっかり耐えられるようになったのが一番です。トーナメントでは、それが重要になります。(準決勝の)清水の結果は3-1でしたが内容をみれば、向こうが押していた時間もありました。チームとして耐え、盛り返すことができるようになったのは、チームが成長をしている良い傾向かなと思います。

 

酒井選手が加入して良い影響があったように思いますが、いかがでしょうか

特に自分が何かを与えたわけではないです。今まで何となくやっていたところを、一人一人がより突き詰めるようになったという事がしっくりくると思います。外国人に関係なくガツガツやっている僕を見て、今まで少し(練習で)遠慮してきていたのが、遠慮しなくなってきました。練習の強度だったり、(相手への)要求が増え、良い相乗効果がみえてきました。一人一人の意識が変わったなと思います。

 

新国立のピッチはいかがですか

この後、どういう風にトリートメントするか分からないですが、日本では少し(芝が)長いかなと感じました。今日、ゲームをした感じでは、滑りやすくもなく、(芝が)根が張っているのでいいのかなと思います。決勝のボールが今までに比べ少し軽いイメージですが、そのボールにも芝があっているように感じました。

  • 楽天カード(株)
  • 楽天メディカル