ニュース/レポート

レポート・更新2016年10月29日

「2016ファイナルセレモニー」のレポート(会長・監督・主将コメント)を掲載

本日10月29日の2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第16節vs.名古屋グランパスのホーム最終戦終了後に行われました「2016ファイナルセレモニー」のレポートを掲載します。

ご挨拶

株式会社クリムゾンフットボールクラブ 代表取締役会長 三木谷浩史

みなさん、今年1年間、本当に素晴らしい声援、応援、どうもありがとうございました。本当に、クラブのみんな、選手、なによりも、サポーターの皆さんの、本当に強い後押しのおかげで、2ndステージでは、もう1歩で優勝のところまでいったのですが、最後、残念な結果になってしまいました。来年は、必ず優勝します! そのためにも、皆さんの、今まで以上の大きな声援が必要になると思いますので、今後ともぜひよろしくお願いします。どうもありがとうございました。

 

ヴィッセル神戸 主将 渡邉千真

今シーズン、素晴らしい応援とサポートを、本当にありがとうございました。2ndステージでは、タイトル獲得はできませんでしたが、(ヴィッセルの)年間最高順位に行きたいと思いますし、まだ天皇杯も残っています。タイトルを獲得できる可能性がある限り、挑戦したいと思いますので、ぜひ、皆さんで(チームと一緒になって)戦っていきましょう。今シーズンもありがとうございました。

 

ヴィッセル神戸 監督 ネルシーニョ

(日本語で)こんにちは。

まず、ここにいる現場の人間すべてを代表させていただいて、1年間、こうして皆さんからいただいた、本当に力強い声援と支えに、感謝いたします。ありがとうございます。昨年、この場所で皆さんに話しをさせていただいたときに、ヴィッセルは大事な一歩を踏みだしたと話しをしました。今年もこのクラブは成長を止めず、もう一歩、先に進めたと実感しています。さらに来年、現場とクラブが一丸となって、もう一歩進んで、今までにないくらい一番強いヴィッセルをお見せしたいと自分でも期待しております。

(日本語で)ありがとう。

 

三木谷良一賞

「三木谷良一賞」はシーズンを通して最もチームに貢献した選手へ贈られる賞として2013年に創設されました。
2016シーズンの「三木谷良一賞」は渡邉千真選手が受賞しました。

■2016シーズン受賞選手:渡邉千真選手

 

 

フォトギャラリー