ニュース/レポート

クラブ2013年1月7日

(株)クリムゾンフットボールクラブ 和田昌裕氏 取締役副社長就任のお知らせ

株式会社クリムゾンフットボールクラブでは、2013年2月1日付けで、現シニアディレクターの和田昌裕氏(47)が取締役副社長(トップチーム・アカデミー管轄)に就任することになりましたのでお知らせいたします。

 

和田 昌裕(Masahiro WADA)

■生年月日:1965年1月21日(47歳)

■出身地:兵庫県神戸市

■ヴィッセル加入年:選手・1995年/スタッフ・1999年

■選手歴:

1980~1982 御影高校(兵庫県)

1983~1986 順天堂大学

1987~1995 松下電器/ガンバ大阪

1995~1997 ヴィッセル神戸

■指導歴: 

ヴィッセル神戸ホームタウン事業部普及指導コーチ

ヴィッセル神戸サテライトコーチ

ヴィッセル神戸ジュニアユース監督

ヴィッセル神戸ヘッドコーチ(2005年)

ヴィッセル神戸強化部長(2006年)

ヴィッセル神戸チーム統括本部長(2007年~2009年6月)

ヴィッセル神戸監督(2009年7月~8月) ※1勝2分2敗(J1リーグ戦第16節~第20節)

ヴィッセル神戸トップチームコーチ(2009年8月~)

ヴィッセル神戸監督(2010年9月~2012年4月)

ヴィッセル神戸シニアディレクター(2012年7月~)

 

■三木谷浩史代表取締役会長コメント:

「このたび、和田昌裕氏が取締役副社長に就任することが決まりましたことをお知らせいたします。株式会社クリムゾンフットボールクラブとして10シーズン目を迎えるにあたり、より地域との結びつきを強め、神戸の象徴となるクラブへ発展していくこと、街の活性化に貢献していくことを目指す上で、地元神戸の出身であり、また、クラブ創設以来様々な立場からヴィッセル神戸に貢献を頂いてきた和田氏を副社長として迎えることといたしました。

和田氏には、副社長として、トップチーム強化とアカデミー各カテゴリーの運営を主な管轄業務とし、日本サッカー協会・地域サッカー協会との連携や地元企業・自治体との連携等も含め、幅広く経営的な観点からクラブ運営に携わって頂きます。

また、すでにお知らせしています通り、2013年1月1日より清水新社長が就任いたしました。清水社長、そして和田副社長の二人を中心とする体制で、ヴィッセル神戸がより地域に根差し、また神戸の方々が誇れるクラブとして成長していくことを確信しております。引き続き、皆さま方の暖かいご支援、ご声援を何とぞよろしくお願い申し上げます。」

 

■和田昌裕新副社長コメント:

「いつもヴィッセル神戸に対してご支援・ご声援を頂き、誠にありがとうございます。このたび、副社長に就任する事になりました和田昌裕です。 

1995年に選手として加入して以来、アカデミーコーチ・トップチームコーチ・強化部・監督等、様々な立場からクラブの運営に関わってまいりました。これらの経験を生かして地元神戸に少しでも貢献できることがあるならと考え、今回のお話を受けさせて頂きました。微力ではございますが、ヴィッセル神戸の発展の為に力を尽くしてまいります。

昨年度はJ2降格の残念な結果になってしまいましたが、これを真摯に受け止め今年度に活かして、必ず1年でJ1に復帰することを目指して精進していきます。監督・コーチ・選手はもちろんの事、クラブのスタッフ全員が同じ方向を向いて、最後まで一体感を持って戦ってまいります。今シーズンもヴィッセル神戸にご支援、ご声援を、何卒宜しくお願いいたします。」