ニュース/レポート

クラブ2010年4月13日

【試合会場販売】15周年記念事業「シュート板」製作における記念プレート

ヴィッセル神戸は、1995年クラブ創設から今年15周年を迎えたことを記念して、練習の拠点である、いぶきの森球技場(神戸市西区)に「シュート板」を製作し、15周年記念事業を形に残すことにしております。この記念事業では、現在「15周年記念事業プレート」をオフィシャルショップにて販売しておりますが、14日(水)YNCvs.浦和のホームゲーム会場でも販売することになりました。
なお、この「15周年記念事業プレート」の販売による売上の一部を「シュート板」製作の費用に充てさせていただきます。この記念事業の主旨をご理解いただき、より多くの皆様にご賛同いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

【「15周年記念事業プレート」試合会場での販売について】
■販売期間:2010年4月1日(木)~4月30日(金)
■販売場所:2010年4月14日(水)YNCvs.浦和レッズ(19:00キックオフ)スタジアム場外特別ブース   
■販売価格:15周年記念事業プレート(大きさ縦45×横90×厚さ1mm) 1枚 5,000円
■ご購入後の流れ:
プレート1枚(5,000円)をご購入いただいた方のご芳名をプレートにエッチング加工し、クラブハウスに末永く顕彰させていただきます。(希望されない方を除きます)
※購入していただいたプレートは、ヴィッセル神戸の所有物となりますことをご了承ください。
■備考:お一人様、何枚でもご購入いただけます。

≪いぶきの森球技場「シュート板」製作について≫
サッカーの技術向上、シュート精度の向上を目的に、いぶきの森球技場のAグラウンド(天然芝)、Bグラウンド(人工芝)に、シュート板を製作します。 2010年5月初旬完成予定です。
15周年の記念モニュメントとして、設置されるこのシュート板の壁面には、1~15までの数字が並んでいます。これは、ヴィッセル神戸が歩んできた15年を意味しており、1~10(1年目~10年目)を白黒で、11~15(11年目~15年目)をクリムゾンレッドで表示しています。

※15周年記念事業「シュート板」製作における記念プレート販売についての詳細はこちらから。
閉じる