ニュース/レポート

クラブ2019年7月27日

ヴィッセル神戸×FCバルセロナ連携に関する合意のお知らせ

このたび、ヴィッセル神戸は、FCバルセロナ(スペイン:以下、バルセロナ)との連携に関して合意しましたので、お知らせいたします。契約期間は1年間となります。

 

ヴィッセル神戸×FCバルセロナ連携について

連携の背景

ヴィッセル神戸には、FCバルセロナの哲学とDNAを誰よりも色濃く受け継ぐイニエスタ選手、同じくFCバルセロナでプレーをしていたビジャ選手、サンペール選手が所属しています。また、ユース年代向けのアカデミーへのメソッド導入を含め、ユースチームのバルセロナ遠征など次世代の育成にも取り組んでいます。また親会社の楽天株式会社は、2017‐18シーズンよりバルセロナのメイングローバルパートナーおよびオフィシャルイノベーション&エンターテイメントパートナーを務めています。今回の連携は、現在のバルセロナとの関係をより一層深くするものになります。

 

バルセロナとの連携内容

・クラブ間の人材交流事業

・クラブ間のアカデミー選手の相互派遣

・スカウティングノウハウの共有、FCバルセロナ及びヴィッセル神戸のスカウティングデータベースへの相互アクセス

・各クラブにおけるブランド力向上に関する相互パートナーシップ

 

ヴィッセル神戸 代表取締役会長|三木谷浩史 コメント

ヴィッセル神戸の三木谷でございます。本日、バルトメウ会長と共にヴィッセル神戸とFCバルセロナの連携を発表することができ、とても嬉しく思っております。ご存知の通り、親会社である楽天は、2017年よりFCバルセロナと「メイングローバルパートナー」および「オフィシャルイノベーション&エンターテイメントパートナー」ということで、様々な取り組みを行ってまいりました。

単に企業間の提携にとどまらず、お互いの理念に深く共感をして、様々な友好的な取り組みができていたと思います。そして、ついにその楽天グループのヴィッセル神戸が、このようなスポーツ面における連携を発表できることとなりました。

今日はRakutenCUPということで、FCバルセロナはFCバルセロナ出身のイニエスタ選手、ビジャ選手、サンペール選手、新加入のフェルマーレン選手という4人の選手がいるチームとの対戦ということで、おもしろいゲームになるのではないかと思います。

「人材交流」「アカデミー」「スカウティング」「ブランド力向上」ということを発表させていただきましたが、これを機にクラブ同士がより仲良くなって、そして共に助け合って強化できればと思っております。

ヴィッセル神戸にとっては、世界有数のクラブ、世界で一番尊敬されているクラブを先輩として、しっかり吸収して、日本を代表するアジアのトップクラブになれるよう頑張っていきたいと思います。どうもありがとうございました。

 

FCバルセロナ 会長|ジョゼップ・マリア・バルトメウ コメント

みなさま、こんにちは。今日は記者会見に来ていただいて、ありがとうございます。今回、私たちにとって、非常に歴史的な提携を結ぶことができました。ヴィッセル神戸とFCバルセロナの2年間延長できる提携協定です。技術スタッフを共有したり、システムを共有することを通して、二つのクラブが兄弟チームとして関係を強化することを望んでいます。神戸とバルセロナは姉妹都市でもありますし、サッカーではヴィッセル神戸とFCバルセロナは兄弟のクラブチームとなったのです。

単なるスポーツ面だけの提携でなく、マーケティングの面でも提携を深めていきたいと思います。実際、楽天は私たちのスポンサー会社でもあります。さらに提携関係を更新して、世界的に両チームのブランドを強化できると思います。そして、今まで進出できなかった市場に対しても、ブランド力を発揮していけるのではないかと思います。楽天はIT分野でも強い企業でもありますので、そういう新しい分野の開拓ができると思います。

ヴィッセル神戸の選手がFCバルセロナに行ったり、FCバルセロナの選手がヴィッセル神戸に行ったり、人材交流が行われるでしょう。様々なことをチームが共有しながら、ヴィッセル神戸の選手がいつかFCバルセロナでプレーすることがあるかもしれません。

そして、スカウティングの面でも提携をしていこうと考えています。それ以外でも協力分野を拡大していきたいと思います。日本だけに限らず、他の国も視野においています。例えば、サッカーが盛んな国が日本の周りにありますので、そういった市場にスカウティング活動を共にやっていきたいです。バルセロナをグローバルなブランドとして強化していきたいと思います。楽天、ヴィッセル神戸と提携したことで、日本のファンの方々が増えることでしょうし、またヴィッセル神戸のファンも増えていくことでしょう。

三木谷会長にとっても、私にとっても、個人的な絆は数年前からずっと深まっていましたが、これを機にさらに深まっていくと期待しております。ありがとうございました。

 

  • 楽天カード(株)
  • 楽天メディカル