ファンパーク

2014新体制発表記者会見 2014年1月18日

清水克洋 代表取締役社長

PHOTOみなさん、こんばんは。本日は大変お忙しいところ、多数の方にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

まず、今シーズン、J1という舞台で、新しい体制を発表させていただけることを、うれしく思っております。昨シーズンJ1復帰という目標を掲げ、1シーズン戦って参りました。シーズンを戦っていくなかで、ファン、サポーターの皆さま、スポンサーの皆さま、地域の皆さまのご支援があって、成し遂げることができたJ1復帰です。この場をお借りしまして、改めて御礼申し上げます。
昨シーズンの終わりから、チームにも、本社のスタッフにも、今シーズンに向けた話をしております。今シーズン、J2からJ1に復帰したシーズンということで、クラブにとっても、本当に大きなチャレンジをするシーズンであると同時に、チャンスのシーズンであると思っております。必ずヴィッセル神戸がこれまでに成し遂げたことがない結果を、ピッチの上でも、ピッチの外でも成し遂げたいと思っております。

シーズンのなかでは、タイトル獲得を目指して、チームとして戦って参ります。また、事業のほうでも、より多くのお客様、より多くのサポーターの方に、スタジアムで応援いただけるよう、様々な努力を重ねて参りたいと思います。今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、シーズンスローガンを発表させていただきます。今シーズンのスローガンを、『一致団結』と定めさせていただきました。『トモニイコウ』という、継続して使ってきたスローガンをベースといたしまして、より一層、昨シーズン、1シーズンを戦い抜いてきた団結力をより高めて、チームとしても、社外の様々な方、神戸の皆さまとご一緒しながら、1つのチームとして、1つの家族のように、1つの結果を目指していきます。そうしたシーズンにしたいという思いから、『一致団結』というスローガンにさせていただきました。
以上です。どうぞ今シーズンもよろしくお願いいたします。

[質疑応答]

Q:
過去にACL出場権獲得や一桁順位を目標に掲げていたなか、今季、初タイトル獲得を目標に定められた理由は?
A:
少し、冒頭の挨拶でも申し上げさせていただいたとおり、全体として今シーズン、クラブとして非常に重要なシーズンだということを、強く思っています。一昨年、ご存じの通り(J2に)降格いたしまして、昨シーズンなんとかJ1復帰を果たせたわけですが、昨シーズンはもう1つ、『必ずJ1復帰をする』ということで、必ず達成すべき目標を、達成できたシーズンでもあったと思います。そういった意味で、(J1に)上がってきたこのシーズン、しっかり目標を高く掲げて、クラブがこれまでタイトルを獲っていないこと、事業の面でも、チームの面でも、様々な課題で表れているという認識がございます。そうした意味で、今、この勢いを持って戦えるシーズンで、しっかりタイトルを目指して戦っていきたいという背景で設定させていただきました。

高橋悠太 チーム統括本部長

PHOTOみなさん、こんにちは。ヴィッセル神戸の高橋です。

清水社長よりお話しがありましたとおり、昨シーズンは、最低限の目標である『1年でのJ1復帰』というものを、安達監督以下含めて、チーム一丸となって成し遂げることができました。そのなかで、今シーズンに向かうにあたって、クラブのなかで、1つ大きな決定が下されたと思っています。

今年に関していくと、タイトルを獲れるチームを作るために、事業も、『過去最高のスポンサー、観客動員を目指す』ということを、力強く宣言をしていただきました。そのうえで、だからこそ、強化も、『過去最高のチームを作って欲しい』というようなことを、話をしまして、文字通り今年は『一致団結』をして、チームサイドも、事業サイドも、『文字通り過去最高のクラブを作ろうじゃないか』ということで、シーズンを迎えました。もちろん、昨シーズンよりも、今まででチームに対しても、おそらく一番予算をよせてくれたところもありますし、その期待に応えるべく、今年、シーズンを始めるために、このような補強をさせていただいたというところが、まず非常に大きなポイントかなと思っています。

今シーズンの補強に関しては、チームとしても非常に満足することができたと思っています。今年、強化のなかでは、本当に、本物の選手を集めようということで、J1復帰が決まる前から準備をしてきたつもりですし、そのなかでブラジル人3選手に関しましては、皆さんもご存じのとおり、言うまでもありませんが、本当に実績、経験、キャリア、人間性も含めて、本当に申し分ない選手が、いろんなチームと競合もした中、ヴィッセル神戸を選んでくれたと思っています。それ以外にも、名古屋グランパスから増川選手、浦和レッズから高橋峻希選手、京都サンガからチョン ウヨン選手と(獲得できたことで)、実績含めて申し分ない、本当にJ1の舞台で戦える、J1にバージョンアップしたヴィッセル神戸というのを、今シーズン見せられるのではないかと思っています。

それに加えて、昨年は、ユース(ヴィッセル神戸U-18)が日本一になったということで、クラブにとってもすごくいい年だったと思います。そのなかで、昨シーズンは4名のユースからの昇格がありましたが、今シーズンも、吉丸選手をユースから1名昇格させで、トップチームに登録することになります。クラブ全体としても、ユースの強化も含めて、若い選手を育ててきていますし、チームの土台というところでいくと、本当にいい連係が取れていると思うので、吉丸選手もすぐトップに馴染んでくれると思っています。

そして、もう1人、金容輔選手について。彼は全国での経験は、冬の選手権も含めてなかったのですが、非常にポテンシャルの高い、成長力ある選手だと思っています。特にトップスピードに乗ったときのプレーに関しては、トップでも通用するような能力があると思っています。

今年、このメンバーで、必ずタイトル獲得を目標として、サポーターの皆さまを含めて、期待に応えられるようなチームにしていきたいと思っていますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。以上です。

安達亮 監督

PHOTOみなさん、こんばんは。昨年に続きまして、ヴィッセル神戸の監督を務めさせていただきます、安達亮です。

今シーズンはJ1での戦いになりますが、我々ヴィッセル神戸の新しい歴史を作ろうと思っています。それは、初タイトルを、本気で獲りに行きます。それだけのメンバーも揃えてもらいましたし、昨年のJ2で苦しみながら築き上げてきたクラブ力を、さらに磨きをかけて、初タイトルを何としても獲りたいと思います。

チームはもうすでに練習を始めていますが、フラビオコーチのもと、非常に軽快に動いており、選手もいい顔をしてやっているので、このあと、沖縄キャンプ、鹿児島キャンプと続いて、練習試合を含めて、開幕にはいい状態のチームを作り、なんとしても開幕ダッシュをかけて、いい結果を残し続けて、最後には笑えるようにと。そうなることを目指します。

それと、昨シーズンに引き続きまして、我々のクラブとしては、フェアで、誰にでも愛されるような、応援されるような、そして、見に来てくれたお客さんには夢や感動を与えられるような試合をしたいと思います。そのことで、昨年に引き続き、今日も選手に話しをしましたが、一発のレッドカードに関しては、厳しい罰金を、昨年通り、課します。昨年も数名の選手が罰金を払うようなことになりましたが、同じような基準でやっていきたいと思っています。

昨年、J2ではフェアプレー賞を、反則ポイントのところでは達成することができました。今シーズンもフェアプレー賞の反則ポイントをなんとかクリアできればなと。先ほどちょっとデータを見たのですが、2年続けて広島がフェアプレー賞を取っていまして、『すごいな』と。さらにまた驚いたのは、反則の数が広島は34試合で330回という数字があり、1試合平均10回反則がないんですね。我々は42試合で443回なので、1試合平均すると10ちょっと(反則の数が)いってしまっている。反則が10をきるというのは、本当に反則が少ないと思いますが、改めて広島はすごいなと思ったのと、その辺のところもチームに落とし込んでいければいいかなと思っています。

ただ、そのなかでも、神戸らしい激しい試合、動きのある試合というのも目指していきたいので、選手には厳しくいろんなことを要求するつもりですが、その辺のところも注目して見ていただければなと思っています。あとは、もう少しチームの戦術などを、しっかりこれからやっていくと思いますが、サッカーの内容に関しては、どうのこうの言うよりも、見てからのお楽しみということで、今まで以上のヴィッセルを見せることができると思っていますので、今年1年、ぜひ皆さん、注目して、ヴィッセル神戸を見ていただければと思っています。以上です。

[質疑応答]

Q:
ブラジル人3選手を含めて、新加入選手に対する印象は?
A:
(ブラジル人3選手については?)まずは3選手とも、Jリーグでの経験があることです。それは非常に心強く、環境も雰囲気もよくわかっていると思うので。アタッカーの選手が2人(マルキーニョス選手、ペドロ ジュニオール選手)と、シンプリシオに関してはアタッカーでもあり、ゲームメーカーでもあり、守備的な選手でもあり、非常にマルチに活躍できる選手だと思っています。
Q:
タイトル獲得を目標にあげられましたが、そのための課題や、足りないものは?
A:
まだチームが始動して数日しか経っていませんし、このメンバーでまだ11対11のゲームもしていないこともあり、具体的にこれだというのは、まだ見当たらないというか。1つ言えるのが、(目指すのが)初タイトルになりますが、タイトルをクラブとして獲ったことがないので、経験が足りないというか、そこは気になりますよね。最後までタイトル争いをしたとき、クラブ全体で、変なバタバタ感がなければいいなと思います。ただ、そこに本当に到達できるかとどうかというのは、本当に、トレーニング次第だと思うので。1つずつやっていきたいなと思います。
Q:
舞台がJ1に変わることで、相手のレベルやプレースピードなど、いろいろ変わってくることがあるかと思いますが、この1年、どういうところが大事になるでしょうか。昨年築きあげたものに、どういったものを加えていきたいと、現時点では感じていますか?
A:
J1とJ2の大きな違いは、自分のなかでは、両方のゴール前の質だと思います。中盤の戦いよりも、最終的に両方のゴール前、得点と失点のところですね、そこの質が高くなければいけないし、また、上げていかなければいけないと感じているところです。

フラビオ フィジカルコーチ

PHOTOみなさん、こんばんは。(以上、日本語)

4年間新潟で仕事をしていました。ここに戻ってこられたことが、すごく幸せです。社長も仰っていましたが、ここにいるコーチングスタッフ、選手たち、サポーターの方、皆さんとも一致団結して、練習をしっかりやり、努力をして、何とかタイトルを獲れるように、しっかりしたチームを作っていきたい。日々しっかり努力をして、自分の最大限やれることをやって、この1年、いい結果を出せるように頑張っていきたい。

(日本語で)ありがとうございました。

FW マルキーニョス 選手

PHOTOこんばんは、みなさん。ここに来られたのは、本当にすごく自分にとっても大きなことですし、ヴィッセル神戸のユニフォームを着ることが、すごく自分にとって大きなことです。自分がやってきたすべてのクラブでもそうですが、このJリーグがすごく大事なリーグだというのは分かっています。これから、日々努力をして、精進をしていくなかで、なんとかヴィッセル神戸がタイトルを獲れるように、自分が精一杯力を出せればと思います。

(日本語で)ありがとうございます。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
自分の強みとか、そういったことを説明するよりは、Jリーグで長くプレーしてきて、その経験や、何を言わなければいけないかは、たぶん皆さんもご存じだと思いますので。ただ、グラウンドに入ったら、最大限、自分がゴールを決めることに関して努力することや、あとは、ヴィッセル神戸のために、自分が正確にプレーすることが、自分の役割だと思っています。

FW ペドロ ジュニオール 選手

PHOTOみなさん、こんばんは。まずなによりも、強化の方々に、僕と契約してくださって、僕を日本でプレーさせていただける機会を作ってくださったことを感謝したい。社長やマルキーニョスも言ったように、なんとかヴィッセル神戸でタイトルを獲れるようにしっかり頑張ってやっていきたい。
必ず自分の最大限の努力をします。そして仲間と助け合って、ヴィッセル神戸のサポーターの皆さんにタイトルをプレゼントしたい。

(日本語で)ありがとうございます。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
自分の特長はスピードです。そして、なによりもゴールに向かってプレーすることが、自分の強みだと思います。また、マルキーニョス選手と同じで、ゴールを決めるというのもあります。あとは、サイドに張って、サイドアタッカーとしてゴールに向かってプレーすること。そういったところが自分の特長だと思います。

MF シンプリシオ 選手

PHOTO(日本語で)こんばんは。

まず、皆さんが話しをしてくれたことが、それがすべてだとは思いますが、なによりも一致団結をして、そのなかでも、自分たちが個々に持っている責任があると思います。その責任をしっかり全うすることが、大事だと思います。そのなかで、自分たちがやれることを最後まで精一杯やり、最後まで自分たちの契約のなかにあることをしっかりやり遂げるということ。そして、ヴィッセル神戸のユニフォームに袖を通したとき、自分たちのやらなくちゃいけないことを最大限やり、努力し、目標を達成しなければいけない。そういうところを頑張っていきたいと思います。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
自分の人間性や、人格が最初にくるものだと思います。そのなかで、自分がグラウンドに入って、自分が支配したり、前に向かってプレーするとか、そういった自分の人格(特長)を活かして、ゲームを支配する。そういった部分が自分の役割であり、強みでもあると思っています。

DF 増川隆洋 選手

PHOTO名古屋から移籍してきました、増川です。今シーズンは自分の今まで培ってきた経験をチームに活かし、チームの目標である初タイトル、それに少しでも貢献できるように、みんなと共に、精一杯頑張っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
僕はどちらかというと、バランスをとって、全体の様子を冷静に見ながら常にプレーしてきましたので、そういったところをうまくチームの勝利につなげられるように、頑張っていきたいと思います。

MF チョン ウヨン 選手

PHOTO(すべて日本語で)みなさん、こんばんは。チョン ウヨンです。神戸に来て、うれしいです。ヴィッセル神戸が今年タイトルを獲れるように、自分の力を120%くらい出したいです。ありがとうございます。よろしくお願いします。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
ビルドアップのときのパス能力や、90分尽きることのない守備能力はアピールポイントだと思います。

DF 高橋峻希 選手

PHOTOみなさん、こんばんは。浦和レッズから完全移籍してきました、高橋峻希です。今回、完全移籍ということで、僕自身、また1からのスタートということで、練習からアピールして、チーム内の競争に勝ち、ヴィッセル神戸の勝利、タイトル獲得に貢献できるように頑張っていきたいと思うので、よろしくお願いいたします。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
僕はサイドバックの選手なので、上下動や、アップダウン、攻守の切り替えの部分が強みかなと思います。

FW 金容輔 選手

PHOTO大阪の興国高校から来ました金容輔です。僕の特長は、スピードと、ドリブルと、左利きというところだと思っています。そういった特長を活かして、ヴィッセル神戸の勝利に僕も貢献できたらなと思います。よろしくお願いいたします。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
先にも言った特長のなかで、最大の武器はスピードだと思っています。スピードでは誰にも負けたくないし、負けない自信はあります。

GK 吉丸絢梓 選手

PHOTOこんばんは、ユース(ヴィッセル神戸U-18)から上がりました、吉丸絢梓です。まず、自分をプロという舞台でプレーさせていただけるようにしてくれた、ヴィッセルの監督やスタッフ、強化部長に感謝したいと思います。プロでの目標は、1日でも早く試合に出られるように頑張りたいです。そして、チームの目標であるタイトル獲得に貢献できるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

[質疑応答]

Q:
どういったプレーが得意なのでしょうか?
A:
自分の特長はクロスの対応や、シュートストップだと思います。でも、ユースとプロでは、スピードや、精度など、違うものがたくさんあるので、まずはそこに慣れることに集中したいと思います。
  • 楽天カード(株)
  • 楽天メディカル