INFORMATION

  • 2020.1.17 ヴィッセル神戸25周年記念特設サイトを開設しました。

MESSAGE

2020年1月17日は阪神・淡路大震災から25年という節目となります。

25年前のこの日は、1月1日に正式に「ヴィッセル神戸」として始動したチームの初練習の予定日でもありました。

震災は神戸に甚大な被害をもたらしました。
それから25年、そんな辛く苦しい状況に負けることなく、市民の皆さま一人ひとりが立ち上がり手を取り合うことで、
神戸はここまで復興することができたのだと思っております。
ヴィッセル神戸の歩みは、まさに常に神戸の復興とともにありました。

そんなヴィッセル神戸が存続の危機に立たされていたのが16年前のことです。
私たちがクラブを引き受けなければ、ヴィッセル神戸が消滅してしまうという状況でした。
私たちとしても、クラブを引き受けることでこの先さまざまな困難が待ち受けているとも感じていましたが、
「震災復興のシンボルであるヴィッセル神戸を絶対になくしてはならない」と強く思い、クラブを承継する決断をしました。

以来、「強いチームを作ることで、地元の人たちを元気にしたい」という一心で前進してきました。
2015年からは、楽天グループとの連携を一層進めることで更なる強化を図っております。

そうして迎えた2020年1月1日、天皇杯決勝。

これまでの想いがやっと結実しました。
神戸の皆さまに初優勝というタイトルを届けることができたことを、とても嬉しく思っております。

そして、このタイトルの獲得は、アジアへの扉を開くことにもつながっています。
2020年は日本でオリンピックも開かれ「スポーツの年」と呼ばれる中で、
ヴィッセル神戸もAFCチャンピオンズリーグに挑戦することで、
神戸のまちを一層盛り上げてまいりたいと思います。

初タイトル獲得に25年の月日がかかりましたが、これをきっかけとして多くのタイトルを皆さまにお届けできるよう、
選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆さま、そしてヴィッセル神戸に関わるすべての関係者の方々と一致団結して、
歩み続けてまいりたいと思います。

今後ともヴィッセル神戸への変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。
  • 楽天ヴィッセル神戸株式会社 代表取締役会長 三木谷 浩史
  • 楽天ヴィッセル神戸株式会社
    代表取締役会長 三木谷 浩史
1995年1月17日、僕は2歳でした。

当時のことははっきりとは覚えていないのですが、両親などから阪神・淡路大震災のことはよく聞かされていました。
小学校では道徳の授業などもあり、神戸の人にとって忘れてはならない、決して忘れることのできない日だと思います。

ヴィッセル神戸に加入してからは毎年震災とヴィッセルの繋がりを映像で観せてもらって
ヴィッセルとはどういったチームかを毎年心に刻んでいました。
ヴィッセル神戸は、復興のシンボルであり、その一員としてプレーできることの誇りや喜びを日々感じています。

今年は元日を天皇杯優勝でスタートができ、サポーターの皆さんにタイトルを届けることができました。

震災から25年となる2020シーズンは、Jリーグタイトルを皆さんと一緒に獲りたいです。
  • FW. 小川 慶治朗
  • FW. 小川 慶治朗

HISTORY

1995

  • チーム始動。大震災を乗り越え、
    市民と共にJリーグ昇格を目指して快進撃

1996

  • シーズン通してアグレッシブな戦いを見せ、
    JFL準優勝で悲願のJリーグ昇格

1997

  • 昇格1年目。Jの洗礼を浴びるも
    リーグ初のフェアプレー賞を受賞

1998

  • J1参入決定戦という崖っぷちの状況の中、
    強い信念で掴み取った残留

1999

  • 高い守備意識がチームに浸透し、
    2ndステージは過去最高の7位に躍進

2000

  • ミスター神戸・永島がラストマッチで有終の美。
    天皇杯では初のベスト4

2001

  • KAZUら実績ある選手を補強。
    新スタジアムには3万人を超える観客が集結

2002

  • 苦しみ、戦い抜いた1年。
    最終戦に最高のパフォーマンスでJ1残留を決める

2003

  • 怪我人に苦しむも残留争いを勝ち抜く。
    シーズン終了後、営業譲渡を発表

2004

  • 新生ヴィッセル出航。
    後半に巻き返して上げ潮ムードでシーズンを終える

2005

  • 二度に渡る監督交代も結果が出ず、
    初めてのJ2降格に涙

2006

  • 「トモニイコウ。」を合言葉に、
    J2の荒波を乗り越えて全員で勝ち取ったJ1復帰

2007

  • 松田監督のもと、
    堅守と高い攻撃力で過去最高の10位に躍進

2008

  • 「トップ5」を目標に掲げて飛躍を誓うも、
    2シーズン連続の10位に終わる

2009

  • 「ACL出場」を目標に攻撃サッカーを目指すが、
    不本意な結果で終える

2010

  • 15周年のシーズン。
    強い絆で最終節に奇跡の逆転残留を掴み取る

2011

  • 新たなスタイルの構築を目指す。
    不調の波はあったが史上最高の9位を達成

2012

  • 積極的な補強でTOP4を狙うも
    歯車が噛み合わず2度目のJ2降格

2013

  • 強い意志とクラブ力の結束で
    1年でのJ1復帰を決める

2014

  • 初タイトルへ挑戦するも終盤に失速
    それでも今後を期待させるシーズンに

2015

  • 記念すべきクラブ創設20周年の戦い
    カップ戦ではクラブ初のベスト4を記録

2016

  • 「勝者のメンタリティ」で躍進
    クラブの歴史を次々と塗り替える

2017

  • リーグ戦は苦しんで9位に終わるも
    天皇杯では17年ぶりにベスト4進出

2018

  • スペインの至宝・イニエスタが電撃加入。
    10位に終わるもパスサッカーの基盤を構築

2019

  • リーグ戦は8位で終了するものの、
    天皇杯にて優勝を勝ち取り、悲願の初タイトルを獲得

#ヴィッセル25周年

25年を振り返ろう。
このページの上部へ戻る